1. ホーム
  2. よくある質問

よくある質問

オリゴの保存と溶解について
  • 保存方法

凍結乾燥品の場合、室温・遮光条件下での長期間の保存が可能となっております。
滅菌水やバッファーなどに溶解させたサンプルに関しましては、-20℃での保存をお勧めいたします。
また、凍結融解を繰り返しますとオリゴが分解する恐れがございますので、ご使用になる量を小分けにし、保存してください。

  • 溶解方法

弊社で合成致しましたオリゴは乾燥後、透明なフィルム状、又は白い結晶(粉末)状になります。
チューブ内では、目視しづらい場合がございますので、開封前に一度遠心を行われることをお勧めいたします。

溶解の際には、TEバッファー(10mM Tris-HCL 1mM EDTA pH 7.4~8.0)での溶解をお勧めいたしますが、実験内容によってはTEバッファーがご使用できない場合もございますので、その際は滅菌水やその他の適切なバッファーをご使用ください。

※チューブラベル右下側にあります「Vol (volumeの略)」に記載されております量で溶解して頂きますと100pmol/μlの濃度となりますので、ご参考ください。

Tm値の算出方法について

Tm値算出方法にはいくつか計算式がございます。用いる計算式によって値が変化します。
弊社では、Current Protocols in Molecular Biology に準拠した次の式で計算しております。

Tm(2AT+4GC)=2×(A+T)+4×(G+C)

Tm(%GC)50mM NaCl=81.5+16.6×log10[S]+0.41×(%GC)-(500/n)
S=塩のモル濃度(M)
(%GC)=オリゴ中のGC含量(%)
n=オリゴの長さ

キャンセル及び配列の変更について

注文後のキャンセル及び配列の変更が発生した場合、
ご連絡を頂いた時点で、既に合成を開始していた場合、通常料金いただきますので、ご了承下さい。
※キャンセル及び配列の変更等が発生した場合は至急お電話かメールにてご連絡ください。

ユーザーID・パスワードについて

ユーザーID・パスワードが分からなくなってしまった場合は、メールもしくはお電話でご連絡下さい。

ご注文確認について

注文が完了した場合は、必ず最後に『ご注文ありがとうございました』という注文完了画面が表示され、注文確認メールが届きます。
注文完了画面が表示されず、メールも届かない場合は、注文が出来てない場合がございます。
再度注文しても正常に終了しない場合は、お電話またはメールでご連絡下さい。

FAXでご注文のお客様はこちらから

FAX専用注文書AdobeReader

当サイトでは情報通信にSSL暗号技術を採用しております。

ページトップへ