1. ホーム
  2. 製品案内
  3. 抗体作製
抗体作製
製品案内 価格について 納期について オンライン注文

製品案内

ポリクローナル抗体

お手持ちの抗原(蛋白質、合成ペプチドや低分子抗原等)に対する高力価ポリクローナル抗体を作製いたします。抗原タンパクサンプルのみならず、細胞丸ごとでも、抗体作製を承ります。

  • 6週間の短期プロトコルもご用意しておりますので、お急ぎの際はご利用ください。(1週おきに免疫)
  • SDS-PAGE 等からのゲル切り出しサンプルでの免疫も行っております。ただし皮内免疫のみとなりますので、より高い抗体価を得るため9週プロトコルを用いております。
抗原/採血に関して
必要な抗原量
(おおよその目安となりますのでご相談ください)
ウサギ/ニワトリ 1.5mg/羽
マウス 0.5mg/匹
モルモット 1.0mg/匹
全採血時の血清量
ウサギ 40~80ml
ニワトリ ~20ml
マウス 0.2~0.5ml
モルモット 5~20ml
  • 抗原の濃度は1mg/ml(最低0.5mg/ml)に調整をお願いいたします。
  • アフィニティ精製をご希望の際は、別途抗原を5mgご用意ください。

※免疫動物の生命維持が困難な場合や、抗体力価が一定になった場合は、免疫作業が途中であっても全採血することがあります。
※特別なご指定がない場合、抗血清には保存料として0.1%アジ化ナトリウムを加えております。

豊富な選択枠から選べる抗血清作製
◆免疫動物
ウサギ
ニワトリ
モルモット
マウス
ヒツジ
ヤギ
◆血清の精製方法(血清20ml分)
IgG精製(プロテインA/G)
Affinity精製

※その他の動物についてもお問合せ下さい。

  • 特別なご指定がない場合、抗清血には保存料として0.1%アジ化ナトリウムを加えております。
    (防腐剤:アジ化ナトリウム不要の場合などは、ご連絡下さい。)
  • ペプチド抗体も受託作製いたします。
    ・ 目的蛋白のアミノ酸配列から抗原性の高い部分配列を検索
    ・ 抗原用ペプチド(純度80%以上)を合成
    ・ 9週間プロトコールで、ウサギに免疫

モノクローナル抗体

マウスまたはラットの免疫から細胞融合・クローニングによるハイブリドーマの作製をいたします。
全工程を3ステップに分け、ご希望を確認しながらモノクローンを確立して行きます。

■ ステップ1

抗原1種類につきマウス4匹に免疫します。
通常4回の免疫後、力価測定し細胞融合に充分な力価になるまで免疫を行います。

■ ステップ2

細胞融合を行いELISAにて陽性クローンの確認を行います。
その後、培養上清をお届けし、ご確認頂きます。

■ ステップ3

クローニングを行いモノクローンを確立し、培養上清とハイブリドーマを納品させて頂きます。

※ 料金はすべて税別の価格となっています。

ステップ ■ステップ1
実験動物免疫
■ステップ2
細胞融合・陽性確認
ステップ3
モノクローン確立
詳細 1抗原:マウス4匹
4回免疫
ELISAで陽性確認
培養上清の発送
培養上清/
ハイブリドーマ納品
期間 6週間程度 1ヶ月~6週間 6週間~2ヶ月
料金 ¥157,000~ ¥850,000 ¥600,000
  • その他、特殊なご希望にも、多様に対応いたします。まずは、ご相談下さい。

価格について

※ 料金はすべて税別の価格となっています。

◆販売料金 (抗血清を納品致します。)
免疫動物 ウサギ ニワトリ モルモット マウス ヤギ ヒツジ
価格/1匹 ¥99,800 ¥99,800 ¥64,200 ¥50,000 ¥330,000 ¥336,000
◆血清の精製料金
精製方法 IgG精製
(プロテインA/G)
Affinity精製
価格/血清20ml毎 ¥62,000 ¥72,000

納期について

  • 抗原用ペプチド合成には、約4~5週かかります。
  • 抗血清の力価は、免疫動物の個体差や免疫原の種類によって影響されます。
    通常、初回免疫から2ヶ月位で、抗血清をお届けいたします。
  • 精製を行う際は更に2~3週間程度かかります。
  • モノクローナル抗体の場合は、上記の表の「期間」をご参照下さい。
    また、ご注文時に頂くサンプル詳細などから納期を推定し、改めて詳しくご連絡いたします。
製品案内

FAXでご注文のお客様はこちらから

FAX専用注文書AdobeReader

当サイトでは情報通信にSSL暗号技術を採用しております。

ページトップへ